2006年03月02日

ひなまつり前夜

昨日も、ちょこっと触れましたが、「ひな菓子」について。
きょう、とうとう買いました。

大丸京都店の北隣(中京区高倉通り四条上ル)にある
「豆英」という豆菓子やあられを扱っているお店で。
「ひなあられ」(150円)と「ヒナゼリー」(300円)を購入。

何年も四条烏丸にいるわりには、
初めて利用したんです。
店内には、いろんな飴やあられがあって、
一個一個手づくり感がありました。これはなんだ?と思うほど
ツルツルぴかぴかの飴のようなものも魅力的でした。

で、ひなあられ。手仕事な感じの袋詰めです。
お菓子の名前も半紙を小さくカットしたようなものに
筆ペン(またはサインペン?)らしきもので
かすれがちに書かれています。
ヒナゼリーってなんでか全部カタカナなんですよね。
律儀な表記ですね。

そして、その斜め向かいにある「大極殿」のひな菓子も
なかなかステキでしたよ。
小粒で、繊細で、ぎっしり感のあるひなあられ。
色も濃い目。高級感すら漂います。

今年私が買った豆英のひなあられは、かなり大粒です。
北海道のバター飴くらいおおきいです。うす化粧です。
ヒナゼリーは菱餅型と花型(白・ピンク)がセット。
これは飾るのにはぴったり。

どうしようかな。と迷いつつも、
季節感のある暮らしをしたほうが、いいような感じがして
日ごろ、平気で朝ごはんを抜いたりしているのに、
豆をまいたり、あられを買ったり、はどうしてもはずせません。




posted by かーる at 21:32| 京都 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

春ですね

いよいよ三月。そして四月。
桜も咲く時期がまたやってくるのですね。
わたしは誕生月なので、少しうれしいです。
この数年、気づいたら誕生日がきてますが。

一方、町はひなまつりムードです。
ひなあられとか、菱餅とかいろいろあって
愛らしいです。ことしは何にしようかな!

ずっと以前に読者の方々のおひまさまを
訪ねる特集をしたのですが、京都には、
ほんといろいろなおひなさまがいて感動。
御所のようなスタイルのものなども。

よい春になりますように。
posted by かーる at 19:52| 京都 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

海のミルク。煮てもダメ。

世の中においしいものはたくさんあるのに、
私にとって手ごわいものは、牡蠣です。

昨日、近所のおうどんやさんで、牡蠣鍋(昼の定食)を
食べたら、調子が悪くなりました。

世の中に、「こんなにおいしいものがあるのか」
と生牡蠣に、初めて出会ったときは感動したのに、
翌日寝込みました。

そのときは牡蠣のせいだと気づかずに、風邪かな。と思っていたのですが、
そののち、生牡蠣を食べた翌日同様に、寝込んだので、ああ!と気づいた次第です。

10代の頃は、牡蠣フライを馬鹿の一つ覚えのように
自分でセッセと作っては、食べていましたが、
どうも生牡蠣で当たって以来、体質的に牡蠣が
ダメになってしまったようです。かなり、かなしい。

生牡蠣は血がサラサラになる、と聞いたことがあります。
健康診断を前に血が濃い私は、食べるかどうか、悩みましたが、やめました。
魚介類が好きな私にとっては、かなり残念なことです。
生牡蠣がいける体に改善する方法ってないんですかねぇ…。

生牡蠣くらい、そのおいしさがカルチャーショックだったのは、
銀杏の炒ったものです。

料理屋さんでしか食べたことがありませんでしたが、
先日、家で初めてやったとき、銀杏に、切れ目を入れなかったので、
ボン!ボン! 四方八方に、爆発して、台所が
かなり、危険でおそろしい場所になりました。

上手に銀杏を炒れる人間になりたいです。
なかなか難しいです。やりすぎると、固くなります。

生牡蠣も銀杏も料理ではありませんが、
おいしいものを手早く作れる人って、どうしたらなれるのかしら。
やっぱり、慣れることかなー。












posted by かーる at 23:18| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

Myブログ、かつてない、充実度!?

お待たせいたしました!

本日、おすすめブログ vol.2〜6 まで一挙掲載!です〜
かつて、このブログがこれほどまでに、
内容が濃かったことがありましょうか、いやぁ〜ありますまい!?

ありがとうございまーす。
みなさまに、このブログに来ていただく楽しみも増えたかと…。
それぞれ、味があっておもしろいでしょハートたち(複数ハート)
どうぞ、ごゆっくり、お楽しみくださいませ〜。




posted by かーる at 23:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

祝!オープン「おすすめブログ〜リンク〜」コーナー

このブログでも、ほかのブログによくあるように、
おすすめブログを紹介するコーナーを! と思って、
今日、カテゴリに、「おすすめブログ 〜リンク〜」欄を開設しました!

第1号は、MIDORIさんです〜。

リンク先のスマートな表示方法が、今一つ、わからないので
この形で、紹介していきます。
よりよい方法への謎が解けましたら、またその時に改善します。

タイトルが一覧形式でよく、並んでいますよね?
ほんとは、ああいう風にしたいんだけど、
どうすればいいのかな?

では、みなさん、わたくしの日記のみならず、
新コーナーも、目どうぞよろしくおねがいしますね!

posted by かーる at 23:29| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

ブログをリンクしてもよい方、トラックバックでお願いしま〜す

今日は、半分お仕事がらみの話題です。

ブログを開設して、約2週間。
3日坊主の私も、案外続いています。うれしい。

折角ですので、ここに訪れてくださる方々のブログも
ほかのブログによくあるように、おすすめのリンク先として、
ご紹介するのは、どうかな〜。と思っていたんです。

また、メールを出して希望される方がいらっしゃるかどうか、
お尋ねしてみよう、と思いながら、日にちばかり経ちます。

しかし!思ったんです。
ブログなので、「トラックバック」機能を使っていただけば
いいのかも?と。

私は、まだトラックバックをしたことも、されたこともない
ので、どうぞよろしくお願いします。
もし、トラックバックがきたらかなりうれしいです。
(初心者ならではなのかもしれませんが)

「自分のブログのリンクをしてもいいですよ〜」
という方がいらっしゃったら、トラックバックしていただけると
幸いです。

普通は、何か書いてあることを引用したときに、
引用先として、紹介する機能なんですよね?
こんな使い方してもいいもんなんでしょうか?
ふいと、思いついたので、とりあえずアップしてみましたひらめき
何か勘違いしていましたら、ご助言ください!

posted by かーる at 21:40| 京都 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

バレンタイン─今年は、ジャケ買い派で。

今年、私が食べたのは、
ウィーン王宮御用達、「デメル」の今年の新作。
デメルは「ねこの舌」のチョコレートでおなじみですね。
クッキーにチョコレートがコーティングされているタイプで、
箱に描かれた女性のイラストがクラシカルで、上品だったので選択。
なんせ、女友達の家に遊びに行くときのおみやげだったので〜。
味もよかった! 正解! お茶と一緒に出してくれたのをいただきました。

あとは、5thアベニューの「シャンパン生チョコ」。
これも、箱がカッコ良かったです。
親戚や世話になった先生に送ろうと思いつつ、時期を逸しました。

そして、「BABII」のチョコレート。
フエルトのパッケージに、「LOVE」ロゴで
ブロックチョコとチョコ菓子がカッチリ、
 LO LO
 VE VE 
と、モダンアートな遊び心いっぱいのビジュアルにヤラれて思わず購入。
かわいいですよ。

あとは、「ゴディバ」。ロゴマークについて
美術館で作品にちなんだ逸話を聞いたところなので、つい購入。
ゴディバのロゴは、
「馬に乗った裸の女の人」が描かれているんですよ。
それには、ちゃんとモデルがいるんです。

さらに、ユーハイムの「幸運のイーゲル」。
ヨーロッパではイーゲル(ハリネズミ)に出会うと
幸運をつかむという言い伝えがあるらしく、これもパッケージ&
中身もかわいいので。幸運を祈って人にプレゼントしたくなり、
チョイス!

いやはや、今年はあんまし、バレンタイン熱が
高くはありませんでしたけど、振り返ると、
案外、自分なりに楽しんでしまったみたいですね〜。







posted by かーる at 23:53| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

滋賀県立近代美術館の「センシビリア展」

昨日、滋賀県立近代美術館に行ってきました。
現在、館の所蔵作品を使って構成された「センシビリア」展という企画展を開催中で、
これが、とってもよかったのです。
ホスピタリティあふれるレストランでおいしいごはんを食べた後のような
気持ちで、寝るまですごせました。

http://www.biwa.ne.jp/~sg-kinbi/exhibition/exhibition_database/pressrelease/exhibition_05-6.html

ホームページで解説だけを見ても伝わらない世界なのですが、
美術好きな人には、
新しい発見や自分の美術への関わりへの再発見を
美術に触れたことのない人には、
自分の身体感覚そのものに向き合う時間を体感できる作品展です。

私はたまたまここの美術館でボランティアをしているので
出かけたのですが、想像以上に、はまりました。
現代美術が嫌いだと言っていた人も、
「なんてきれいなんでしょう、ハマりそう」と
感覚をゆさぶられていました。
これまで見た中でベスト3に入るくらい個人的におすすめです。

これまでの常設展示で何回も、何回も見ている作品が、
現代を生きるアーティストsoftpad(ソフトパッド)が
違う光を当て、作品と自分との関わり方を追求することで
同じ空間にあっても、まったく違う様相になるんです。
自分にぐいぐい見ること、感じることの不思議さを
問いかけてくるんですよ。

この世にあって、見ているようで見ていないものは
まだまだたくさんあるのだ、と思いました。
それを見つける感覚を持ち合わせて生きていたい。

初見の人は、これを見て、いつか再び館を訪れて、
通常の状態での展示風景を見ると、
また違う味わい方ができるのだろうな。と思います。

理屈なく、五感で体感できる美術体験というのは、
なかなかないので、とっても幸せな休日でした。








posted by かーる at 23:17| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

2月10日は好きな感じ

こんにちは。今日も他愛もない話題です。

会社で、カレンダーを見て、ふと、理由も無く、
「2月10日という並びは、なんだか好きだな」
と思いました。

不在にしていたスタッフ宛ての
電話への伝言メモに、受信日時を書き入れた時の
一瞬のすきま時間のことです。

子ども時代から、なぜか、自己紹介が必要とされるときや
心理テストなどで、「好きな数字は?」という質問がなされますが、
いまだ、私は好きな数字への回答ははっきりとは答えられません。

「8」(末広がり)とか「7」(ラッキーセブン)とか
「1」(前向き)とか、なんか判断される気分ですよね。
あんまり、「6」とかいいませんね。
私は、こどもの時は親が好きだという数字「8」を
受け売りしたりしていました。

そういえば、サッカー選手の三浦和良さんは、「11」という数字を
大切にしている、とテレビのトーク番組で語っていました。
これ、という決め事は、その人にとって、とても
力を与えてくれることだと思います。

数字についてはいまひとつ決めきれないのですが
曜日については、とても明快に
「私は木曜日が好き」と言えます。
木曜日を思うだけで、すがすがしい気分になるのです。

これは、きっと子どもの時、木曜日の7時に
楽しみにしていたテレビアニメが放映されていたからではないかと
うすうす感じているのですが。

「理屈なく好き」

どんなものであれ、そういえるものに恵まれている人は、
とても豊かだ、と思いますね。
posted by かーる at 21:06| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

自家製浄水器の作り方

今日、会社に、環境NGO「環境市民」のスタッフのお2人が
出版された御本を紹介するために来社してくださいました。

御本のタイトルは、

「だいすき京都 
 環境市民の 遊びかた 暮らしかた」(1142円+税)
 ホームページは http://www.kankyoshimin.org

スタッフのお二人いわく「環境を大切にしなきゃ」と思うと
「テレビを1時間消して節約」など、「我慢すること」に
目がいきがちなので、楽しむ方向で
環境と暮らしについて、考えてみたかったそうですよ。

気持ちよく暮らすと、結果的に環境にもいいという知恵が
わかりやすい言葉で、紹介されていて、
読むだけでも、案外、面白い仕立てになっていました。

京都で売られている老舗の漬物の食べ比べをしたり、
地元のお店情報も独自の切り口でセレクトしているので、
一味違った「京都本」ともいえそうです。

面白いのは、「旬のくらし」と題して、
4月「静かな花見を楽しむ」
8月「夏ばてに効く甘酒の作り方」
など、季節ごとの提案をしていること。

ちなみに、
7月には、ホームセンターで入手できる容器で、
作る「自家製浄水器」の作り方なんていうのも
紹介されています。予算2000円+竹炭程度です。
いろいろできるもんですねぇ。
ちなみに、私は、コントレックス(硬水)をインターネットの共同購入で
安くなるとよく買うんです。1日1本飲むと、
すこしは、さらさら血になるといいな〜と思って。
おいしくはないんですけど(笑)、美と健康のため、です。




posted by かーる at 21:34| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

まちの職人と再会

今日は、お昼御飯の時間がとれず、
地下鉄「京都」駅のすぐそばの喫茶店にさっと飛び込んで
15分程度の珈琲とサンドイッチの簡単なランチタイムに。

何気なく、隣の席に見覚えのある方がいるな、と
不確かだけれども、声をかけると正解!
数年前に仕事でお世話になった、洋服やかばんのリフォームのお店の
方でした。

近鉄百貨店店内で長年、仕事をしておられる職人気質の
リフォーム店で、近鉄百貨店が閉店になると、
あのお店はどうなるのかな、と気になっていたので
うれしい再会でした。

「来年の今頃はどうなっているのかしら」
とおっしゃていましたが。いいお店は続いてほしいです。
母から譲り受けたクラシカルなコートをずっと直したく思っているので
お店があるうちにたずねようと思っています。

最近、安くていいものが多くて、買う方が安いことも多いけれど、
持っているものを修理する行為がなんだか気持ちよくて
ハマっています。


posted by かーる at 21:35| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

つまんないブログ

「つまんないじゃん。ぱっとしないなぁ」
「普通、写真とかあるんじゃないの?」
とは、昨日、このブログを見た友人の一言。

(いろいろがんばったのになー)と思いつつ、
見た瞬間、「つまんない」とは。ひどいな。
例えそうでも! 落ち込みますねぇ。
ぼちぼちがんばります。

私の場合、ひとしきり、イヤな気分に浸った後は、
1)その原因を考える。
2)気分転換をする。
3)回復する

昨日の悲しい気分の直後にとった行動は、
風呂に入って、本を読む!こと。
風呂読書はいいですよ。最近の休日の楽しみは
もっぱらコレです。
何年も前に、買ってそのままにしていた小説や、
捨てるに捨てられなかった雑誌を読みます。

モワモワになりますが、読まないよりは読むほうがきっといい!
普通に読んだり、顔だけ水面に出したりして、
気分にあわせて味わいます。

家族の都合によっては、長風呂は難しいかもしれませんが、
(許されるなら)かなりおすすめですよ。
温泉や銭湯もいいですが、ウチ風呂も
かなり、いいです。入浴剤だけで肌もぴかぴかです。

そんなこともあり、今日は京都ロフトで、
長年、買いあぐねていた
「バスクロック」(防滴時計)を買いました。
時間を気にしない世界も捨てがたかったのですが。
みなさんは、どんな気分転換をしているのでしょうね。
posted by かーる at 18:34| 京都 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

自分を拾おう。

今日、試しに、Google で、このブログを検索してみましたが、
ヒットしませんでした。
公開する設定にしているので、自動的に見つかるものだと
思っていたら、案外ヒットしないんですね。
ちょっと、残念な気も…。どうすればよいのか、調べなきゃ。

よくインターネット上で調べものをする時に、数限りなく、
ヒットする言葉がありますが、それ以上の言葉が世の中には
生まれているのかもしれないなあ、としみじみと実感しました。

10年位前に、何でも拾ってくる「Goo」という検索機能は使える!
と人に聞いたことがあったので、大概のものは拾っていると
思っていたのに、自分を自分で拾えない状況が発生しています。
私はネットの迷子に…。なんてことだ。

色んなことを知らないと、欲しい情報にはたどり着きませんね。
たまに、一度、見つけたサイトが見つけられなかったりします。

このシステムを作った人は、
どこまでどんなことを想像していたのだろう。
いろんな不思議がもどかしい…。





posted by かーる at 18:31| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

仕事上のアンケート記事が出ました!(参考まで)

ブログを始めてみよう!というきっかけになった
私の仕事上のアンケートが掲載された紙面が発行されました。
参考までにご紹介させていただきます。
このアンケートは、日ごろ紙面を読んでいただいている
読者の方々に呼びかけて、お便りをいただくというものです。

地域密着型のファミリー向け生活情報紙
「リビング京都」2月4日号です。
http://www.kyotoliving.jp
新聞の内容はホームページでも確認できます。

もし、ご家庭で「リビング京都」を受け取っていただいている方が
このブログを読んでくださったなら、
チラリと見ていただけると幸いです!




posted by かーる at 18:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

まずは、ブログ本。これってアナログすぎ?

さぁ! ブログを始めるぞ。と思った時に、私がしたこと。

それは、「書店へ行ってブログに関する本を探す」ことでした。

今時の便利なツールを使おうとしているにも関わらず、
その自分の古典的な行動パターンに「?」と疑問を投げかけつつ、
ブログを始める時って、多くの人はどうしているのだろう…
と思いを馳せるのでした。

さて。数冊のブログに関する本を読み、興味を持ったブログサービスにアクセス&確認。
私なりに、どのサービスにするかを考えてみました。
よくわからないなりに、

1、無料 
2、携帯電話への対応ができる
3、アクセス解析ができる
4、データーエクスポート/インポートができる

と、シンプルな機能面を選ぶ基準にしてみました。

Seesaaブログ は ポッドキャスティング対応しているみたいで
それも興味深いなーと思いました。
実際をiPodを持っていない自分が活用するかどうかはさておきです。


何か、新しいことを調べようとするときに、
上記のように、私は、つい、紙を前にすると安心します。
でも、もし、画面上だけで、比較・検討するコツがあれば、
時間が短縮できて無駄も無くて、よいな、と思うのです。
記憶力の問題なのか、意識しすぎなのか…。

何はともあれ、ブログデビューします。
新しいことが、日常生活に入り込んでくるのは少し緊張感があって
おもしろいです。
いろんな人と話ができるといいな。思います。
よろしくお願いします。

※あと、カタカナのところに自動リンクが張られるのはどうすれば
調整すればよいか、まだわからないです。意図があるわけではない
ので少し、戸惑いますね。




posted by かーる at 22:27| 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新着ブログ欄にドキリ

ブログサービスに登録するまで、2日間ほど迷った後 
(迷いすぎか?)登録しました。
手探りで、トップページを作りながら、あっちに行ったり、
こっちに行ったり。
トップページを作成。ふと、新着ブログ欄を見ると
「やだ、載ってる!」
すぐできて簡単、というけれど、ほんとに簡単だ〜。
と思いながら、「これは、いかん!」
タイトルだけのブログって、情けなさすぎる。
あわてて、「非公開」にできる場所を探り当てました。

ブロガーにとっては当たり前のことも
初心者の私にはとっても新鮮です。

検索しても、自分のブログがひっかからないことを確認して
胸を撫で下ろしました。さて、何を書こう。
公開するまで心の準備がいりますね。
posted by かーる at 20:45| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。