2006年04月07日

今日で最終回! どうもありがとうございました

わ!
いよいよ最終回。
みなさま、どうもありがとうございました。
2カ月って、思えば、早いです。
最初は、どないなんねやろ…と思っていましたが、楽しめるようになれてよかったです〜。ホッ、と一息。

このブログのタイトルのように、
「私、ブログで変わりました」と自分が言うとしたら、
私は何が変わったのかな? 

しかしながら、人間、自分や他人が変わることを意識しはじめるのはいつごろからなんでしょう。

世の中は広くて、自分以外のものや人に満ちて満たされていること、その魅力とおそろしさを知ったときから。
わたしはそんな風にいま、考えてみました。

ブログの世界は、これまでは他人サイドから見ると、漠然としている人の考えとか、頭の中とかを目で見て、確認できますよね。路上ですれ違う人々のあたまの横に、考えていることが吹き出しでぽわぽわと見えるような感じも…。サトラレみたいに。

いろんな人のそのままの記録が残されると、後世の人はブログから今の私たちを知ったりするのかな! でも、ライブでやるとしたら、ストレートに人と人が行き交うのが面白いです。

からだはここにしっかり一つなわけで。それを思うと、やっぱりステキなシステムだと思います。

なので、ここで出会った皆様のブログライフも楽しみにしてますね。
これまで、どうもありがとうございました。
また、何かあればお知らせください!

かーる
posted by かーる at 21:49| 京都 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ドトールコーヒーのオーガニックシュガー

4月4日(火) ドトールコーヒーにて。

ドトール.jpg


ごぶさたして、ごめんなさい。2日間あくと、大きいですね。

実は、ほら、ちゃんとラストスパートに向けて、記録をとってたんですよ!(言い訳)。
お伝えしようと思っていたのは、ドトールコーヒーのオーガニックシュガー(手前)
これはコーヒーに入れた後なので、カラ袋です。
入っているのをもらって撮るか迷ったけれど、飲んだ後だったのでやめました。開封前の状態のお砂糖は三温糖のような色をしています。

私はコーヒーに砂糖を入れたり入れなかったりしますが、この砂糖はなかなかいけてました。コーヒーもほどよい甘さに変身〜。ちょっとおすすめです。
オーガニックマークがあの細長い世界に、デザイン的にきちんとレイアウトされているのが、ステキでした。考えた人はセンスがあるなぁ! 
ほんの数秒で消費されるものであっても、丁寧に作って届けてくれる人や会社はすばらしいです。いいもの生んでくれてありがとう。
やっぱり記憶に残ります。

**************************

〜おわび〜

昨日、一昨日に、このブログにお訪ねくださったみなさま、
ごめんなさいです。
今日、友達からの連絡メールに、下記のように書き添えられた一言が─

「ラストスパートと言いつつUPされないブログの様子から、とても忙しいみたいだけど、体調にはお気をつけて。」
とな。

あたしも気になってたんですよ。
「最後に息切れか!?」「スパートしてへんやん」と思われちゃう!!と。ちょっと不可抗力で書けなくて、ごめんなさい…。そして気づけば、今日はもう6日だ! 明日でラストではないですか!(なんか締め切り前の自分の日常が露呈しているような気が。今、ふとよぎりました、あ〜こわいこわい。)なんだか、このブログが終わるのはあたしもちょっとさみしいな!(笑)

今日は、ほんとは火曜日にアップしたかったお話を書きました。

では、みなさんよい夢を。






posted by かーる at 22:30| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

今週、ラストスパート!

しだれ桜が、満開ですね。
春です。みなさん、お花見とか行かれますか〜。

2ヶ月限定で、スタートしたブログもなんとか無事に
続けることができました。これもそれも皆様のおかげ。
コメントなどなどでやり取りがあると
ほんと、思わぬ楽しみが広がります。
気楽にできるのが、ブログの魅力ですねぇ。

先週なんだか、ばたばたしていて
2ヶ月目にあたる日が一体いつなんやろ?思いながら
過ごしていました(笑)。

なんだか、予告無くいきなり終わるわけにもいかないので、
今週を一応、ラスト週として一区切りつけることに。
4月7日を最終日といたします。
お付き合い下さったみなさま!どうもありがとうございます。
では、あと1週間どうぞよろしくお願いいたしますね!
posted by かーる at 17:46| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

Lauraさん、ドールハウス展に初出展

Lauraさんより、お知らせでーす。

ドールハウス・ミニチュア展に初出展されるそうです。
残念ながら、直近情報で、会場が大阪なので、
すでに予定が決まっている人も多いかも?と思いながら、
アップしときます。
大阪方面に友人のおられる方、日曜日、偶然大阪に行くやん!
という方は、お出かけされてみてはいかがでしょう!
会場は、南船場。この数年面白くなっている大阪ミナミの北方です。


ドールハウス・ミニチュアハンドメイド展2006 in 大阪
http://dmhosaka.fc2web.com/index.html

日時:2006年4月2日(日) 11:00〜17:00 

入場料 : 13:00〜17:00 無料
      11:00〜13:00 1000円(中学生以下は無料:学生証持参)     
ビンゴ大会 15:00〜 ※ビンゴカードの販売は11:00〜
カードは1枚100円
         ビンゴ大会の景品は出展者の作品

会場:drapeau exhibition space (ドゥラポ エキシビジョンスペース)
   大阪市中央区博労町4-6-14 ラポビル 2階
   地下鉄心斎橋駅3番出口を上がって徒歩5分

展覧会のホームページを見てみると、37人くらい参加されるようです。
時間によって、入場スタイルを変えている催しのようですので、
上手にご活用ください。
人気の作家の作品を見て、入手したい人は午前中に行くのがいいのかも?

こうして、自分の世界があるのは、素敵ですね〜。
よい週末を!


posted by かーる at 16:47| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

揚げにんにく

今日、お昼御飯に迷った末に「漁師ラーメン」を食べました。
お魚(ハモ)ベースの出しで、豚の背脂が入っているタイプに。
こってりしているけれど、あっさり、のラーメンでした。
そこの店のカウンターで見つけたのが、「揚げにんにく」。

にんにく.jpg

これがなかなかおいしいんですよー。
サクサクしてて。

お勘定をしながら、「揚げにんにく」ってラーメンに入れるんですか?
と話してみると、
「自家製なんです。なかなかいいでしょ!」とさわやかな返事が!
なんでも、みそラーメン用に油を作るときに、にんにくで香りを
つけているそうで、その時にできる揚げにんにくのようです。
自然にふんわりした感じで、こんなのができると、いいな〜と。

にんにくを揚げるとおいしい、と思って家でたまにやるけれど、
すぐに飴色になってOUT、こんがりキツネ色のおいしいのが
できないんですよね。たぶん、温度のせいなんだろうな!

バーベキューのにんにくもホクホクしてておいしいもんなー。
お店自体は、のんびり楽しく食事をする空間と言うよりも、
手早く御飯を!と思っているサラリーマン向けな空間です。
趣向はぜんぜん違いますが、食べている間、ふいと、
阪神百貨店のスナックパークを思い出しましたネ。

ラーメンや一緒に食べたどんぶりよりも、
今日の主役はサービス品の「揚げにんにく」でした。








posted by かーる at 19:36| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

さらに、こんな子も!

親バカですみません〜

image007.gif

この子も、このブログにデビューさせるか迷ったので〜〜
メールを送るときに、ジャンプ。ジャンプしてくれてマス。

なんだか、希望にあふれてるでしょ。

きとちゃん、という女の子のトコからあたしのトコへきたんです。
posted by かーる at 19:47| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

こんなのも、UP!

image008.gif


ね、かわいいでしょ!

実は、昨日の「shin-setsu 」カフェの画像は
携帯で取ったものなんですよ。

デザインが気に入っているので、機種変更することなく、
去年バッテリーを2個も新たに手に入れて、
使っている旧タイプ(auのニシキゴイ)なのですが、
案外、ちゃんとできるんだ! とうれしかったんです。

そこで、調子に乗って、
今日は、友達から送られてきた画像アップにチャレンジ。
携帯では動いているんですよ。ブログではどうなるのかな〜。

でも! まだパソコンに送って、そこからダウンロードして、
アップしているアナログな手法です…(泣)。
ほんとは、携帯から直接アップできるのがブログのメリットなのにね(笑)
ようわからん! 早く挑戦しなきゃ。

それにしても、今日の夕刻の雨、おそろしかったですね。
みなさん、ご無事でしたか?
では、また明日!

posted by かーる at 19:45| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

パピヨンのカフェ、です

土曜日に、三条御幸町のアートコンプレックスで猫会議朗読公演を見て
近くを通りすがったので、看板を撮影しました。

この雰囲気、そのまま。です。
一緒にいた友達も「ほぅ!」と─。カフェ.jpg
posted by かーる at 22:02| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

屋上ランチ

いいなー! いいなー! いいなー!

この言葉が、今日の主役です。

というのも、会社でわたしが座っている席から、窓が見えるんですよ。
今日はほんとにすてきな「青空」でした。
何度も見ては、いいなー! いいなー! を連発。
なので、お昼は、大丸の屋上で、同僚と一緒に
大丸の地下で買ったお弁当をベンチに座っていただきました。

ミニ芝生の中を、いろいろな子どもたちが、
入れ替わり立ち代わり、テンション高めでかけまわっています。
それを見て、あたしもおんなじレベルだ!と思いました。

空はえらいな!

春。外ランチも楽しみな季節になってきました。
あ、もう一つ。まちなかのお弁当おすすめスポットを紹介すると─。
仏光寺(烏丸仏光寺東入)でのお昼です。
一人でぼぅとしながら、あるいは誰かに思いを馳せるとき、
わたしが行きたくなる場所です。

みなさんの空はどんなでしたか。

よい週末を!









posted by かーる at 21:28| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

パピヨンがいるカフェ

今日、お昼ごはんを、寺町京極にあるお蕎麦屋さんの
有喜屋さんで、有名な「有喜天そば」(たまに食べたくなる、
玉子と納豆のふわふわの世界)を
食べていたら、会社の上司がガラガラガラ…と来場!
おおっ! たまたま私が、面白いほど、
戸口の真正面に向かって、座らなくてはいけない席にいたので、
一緒にお昼タイム。

その後、折角なので、食後のお茶もしよう、
ということになり、お店から少し下って、
寺町通りの西側の路地(通り名忘れました)
の角から入ったところにある、2階に上るカフェへ。

たぶん、ローマ字で「しんせつカフェ」と書いてあったような気がしますが
間違ってるかも。。「まごころ」だったかな? 
また確認しときマス。ごめんなさい。
なかなか面白い店でした。
ユーズドらしい家具と雑貨で店内がまとめられていて
2階から見える寺町京極の商店街な感じがノスタルジック。
あ、十三の駅前な感じだ。今思いました。でも、店で働いている人は
若くて、おしゃれですよ。印象として、赤と白の人でした。

そして、注目すべきは、アイドルらしき看板犬くんがいるんですよ!
扉の側に、自分の席(居場所)もきちんとあるんだけど、
タッタッタッとしています。

顔の小さい小さい「パピヨン」でした。

お客さんは、なぜか、私たちがいたときは、
20代位のいまどきのな男の子が、多かったです。
そして、何気なく見ると、そのパピヨンくんは、
誰かの懐や腕に、いるんですよ! かわいがられてます。

なぜか、みんな、みんな、その子を抱いてしばらく
一緒に過ごしています。携帯打ちながら、小脇にかかえたり、
(でも、ちょっと、ちょっと、離してよぅ…)とむずむずして、
ご主人のとこにいったりしてたのが、面白かったです。

そして、またみんな、何事も無かったように、
受け入れているんです。わたしなぞは、まだ珍しいもんだから
興味津々レベルです。そして、また、「はっ」と、
気づくと、かれは、別の人のとこで、遊んでます。
つかれへんのかな〜看板スター。と思うほど。
でも、とっても元気!元気!

名前を呼んでいる人もいましたね。
私たちのところにもそのパピヨン君は、きてくれて。
くんくん私のお気に入りの靴を探りにやってきてくれました。
かわいいなぁ!

犬が好きな人には、いいお店かも。
犬好きでもないわたしも、結構、気にせず
たのしめました。一人で行くより、友達と行きたい感じの空間だったな。

その店の横は、古着屋さんで、たまたま先週の日曜日に
覗いたのですが、そこには、黒いもこもこ犬がいました。
お店に入ると、たたたっつと、お出迎え。
お店のお姉さんもなかなかステキなかわいらしい人で
あんな空間で一日中いたら、心がかわいくなりそうだ
という気がする、お店です。「ロマンス」だったかな
その系統のイメージです。セレクトは若い子向けだけれど。
かわいいスカートありました!


そのお店の前には、日本食の料理屋さん、その並びに、
フレンチ、となかなか、ほんの数メートルだけれど、
結構、好きな通りです。角には古書店があったと思います。
これで、わかる人はわかるかな!(笑)

ちょっと、長くなってしまいましたが、お許しください〜




posted by かーる at 22:24| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

四捨五入すると、マドマーゼル!

私事で恐縮なのですが、
3月19日は誕生日でした。

友人から、
以下のようなメールが来たことを
会社の隣席の同僚に話すと、

「四捨五入をすれば、不惑?。きれいな言い方をすれば、大人の女性です。お互い、人生の後半を楽しみしょう。」

話すと、

「え?四捨五入すると、マドマーゼル?」
と何気なく返答されました。
しばらくして、

二人で笑えました。
ちょっと楽しい。

なんだか、「いいな!」
と思ったので、これからコレでいくことに。

みなさん、よい年を過ごしましょうネ!



posted by かーる at 20:34| 京都 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

レイモン・サヴィニャックのチョコレート

ランチを食べに出かけた、四条烏丸の「COCON烏丸」1階、
仏風カフェ&レストラン『AUX BACCHANALES(オーバカナル)』
でこんな、かわいいチョコレートを見つけました。
レイモン・サヴィニャックの絵のついたチョコレートボックスです。

上が外観で、中を開けると、下の通り。
4つの絵柄で各2個入って、合計8個入り。950円。

チョコレートチョコレート・オープン

世界的なポスターアーティスト「レイモン・サヴィニャック」
そのパッケージを大切な本のように、開いてみると、
金字で、あることばが書かれています。

そのまま紹介すると─

 《ユーモア》
 ユーモアは魔法の薬。
 ストレスから心を解放し、頭を回転させ、自由な発想を育む。
 それは日々、味わうべきもの。


さて。今日は初めて画像アップに挑戦。
やっと、です。ふふ。実は、これまでわからなかったんですよ。
できたら、簡単!

では、みなさん、よい週末を。

posted by かーる at 20:36| 京都 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

イベリコ豚

イベリコ豚─最近よく聞くこの名前。

私は、友達の家にあったイベリコ豚のサラミを
食べたことがあり、ワインのアテとして
なかなかおいしかったです。
友人によると、フランスではモノによるかもしれないけれど、
手軽に入手できるらしいのですが、日本では高級品だから、
いいのが手軽に、とはいかない。と言っていました。

このところ「アンチエイジング」について調べているので
お昼休みに、近所にあるアンチエイジングをテーマにした
料理が楽しめるレストランを初めて訪ねてみました。

数あるメニューのうち「イベリコ豚のベジバーグ」というのを
チョイス。イベリコ豚の「タン」が本日のランチコースのメーンに
なっていた迷ったのですが…。
ベジバーグ(ハンバーグに7種類以上の野菜が入っている)は、
ソース使いのせいもあるかもしれませんが、
甘くて、ジューシーで、おいしかったです。

お店で配布しているチラシを見てみると、
「イベリコ豚には、体のさびを取るオレイン酸やビタミンEを
豊富に含みます」と紹介されていました。

お店の方によるとイベリコ豚は脂が多いそうですが、
脂に含まれるのがオレイン酸のようです。なるほど、独特の旨みが
あって、豚の脂身が苦手な私もおいしくいただけました。

私は、豚より牛派ですが、沖縄のラフテーはとても好きなので、
トロリとした感じのこの豚脂の味わいは、イケました〜。

お客さんは平日の昼なので、やはり私も含めて女性が多いのですが、
20〜30代や、50代位の男性も一人で食べていて
「この方々は、アンチエイジングに関心があるのか、
それともおいしいからか、どちらで来たはるんやろな〜」
などと思いました。

おいしい食事を楽しむためには、自分が食べているものが
どこから来てどこにいくのかを、まずは知ることが大切だな、
と思います。案外、ちょこっとだけでも調べるといろんなことがわかって
面白いですよ。(あんまり、こだわり屋ではない私でもそうなんですから)
まずは、何でも、ひと手間だけかけて、調べてみましょ〜。





posted by かーる at 19:38| 京都 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

アンチエイジング、興味あります?

先日、60歳くらいの愛らしく、美しい女性と話していると

「やっぱり、きれいに年をとりたいのよー。私
 ─アンチエイジングよ」 (うふふ。と笑顔)

という言葉が自然に出てきました。
そこで私は、「あ。」と反応。

実は、ブログに続いてのかーるのお仕事テーマは「アンチエイジング」。
実際、読者のみなさんは「アンチエイジング」という言葉を聞いて、
どんなことを思い浮かべるのだろう?
あるいは、実践しておられるのだろう、と思っています。

和訳すると「抗加齢」ということになりますが、
現在、取材をすすめていてわかったのは、
「アンチエイジング」の決まった定義というのは、
今のところないらしいこと。
そのぶん、何に対してもアンチエイジングということばが
便利に使われていそうだな〜と思いました。

日常用語として、例えば「若づくり」というとイメージがあまりよくないですが、「アンチエイジング」というと、少しポジティブな響きがありますね。
そういうこともあって、言葉として定着しつつあるのかも。

私は、若さを保つためにしていることはありませんが、
少々、身体への感覚が麻痺したのでは!?いかん!と思ったのは、
20代の頃、ノースリーブを着用、二の腕をさらしている自分の写真を
見て「え!あたしの腕、こんなことになってんの? あかんやん!」と
友達にいえないほど、真剣に思ったのに、つい先日、
その写真を見て、「これで、なんであんなにやばいと思ったんやろ?」
とあのときほど感じなくなっているんですよね…。
それに驚いたー。
さて。さて。
何はともあれ、自己を知る、ということは大切ですねぇ。

posted by かーる at 22:51| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

あ、ホワイトデーだ!

このブログで、ちょっと話題になった「バレンタイデー」。
え〜もうあれから、一カ月になるの!?というのが正直な実感です。

みなさん、いいホワイトデーを過ごしておられるのかな!
と思いつつ、今、これを書いています。

私は、日曜日にひと足早く「お返し」をいただきましたよ。
以前にも一度書いたことがありますが、
美術館ボランティアでご一緒している方々に。

直接ではなく、各人の連絡箱みたいなのがあるので、
いつも世話になっている人には感謝がてら、ささやかなものを。
それゆえ、お返しは期待もしていなかったのですけれど
その中のお一人から、いただいてびっくり!
思いのほか、喜んでくださいました。

というのも、退職後の熟年世代の紳士なので
「最近は、娘も全然くれなくなってたから、なんだか、じーんと
 きた〜。感動してねぇ!」とのコメントが。

確かに。娘さんたちは、自分のことが忙しくなると、なかなか昔は
「お父さんへ」などとプレゼントしていたことも忘れがちに
なってくるのかなぁ。などと思いました。

みなさん、おとうさんに、チョコを贈ってさしあげていますか?
きっと、贈っている方は、ほんとに喜んでもらっていると
思いますよー! おとうさんにチョコを!と思います。
折角ですもの、心から喜んでくださる人にはあげなくては!

では、今日はこのへんで!
よいホワイトデーを!
わたしは、これからなぜかお好み焼きを食べに行きま〜す。


posted by かーる at 19:39| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

劇作家・右来左往を知っていますか。

 難しいことをやさしく、やさしいことを面白く、面白いことを深く

劇作家・井上ひさしさんのこの有名なことばに
私がはじめて出会ったのは、遅まきながら4年と少し前。

右来左往(みぎきさおう)という劇作家が脚本・演出をした
京都府民を対象にした芝居とワークショップに参加したときのことでした。
その時、その言葉をきいて思わずノートの裏表紙にメモ。
読むといいことばなので、なぜだか処分するタイミングを潜り抜け、切り抜かれてそのままに。切れ端だけれど、いまも、なんとはなしに、部屋のガラス扉に貼っています。
仕事をするとき、何かを考えるとき、どこかでいつもこのことばを思います。

そもそもこの作家が書いた
「あの夜、 ぼくらは理科教室で空を飛んだ」という舞台で
衝撃的な劇場体験をしたんです。何年前かは忘れましたが
観客が子どもから大人までまったく同じものを見て、笑う、
子どもは笑っているのに大人は泣けたり、と
それぞれが自由にいろんな基準で自分の世界を持つことができる
作品で、舞台と客席、館内の空気が一体感のある
劇場空間というのを初めて体験したんです。

面白い舞台というのはよくありますが、客席を他人事ではなく
自分の居場所として意識できる舞台というのは少ないです。
映画館などでもありえますが、なかなかないですね。
あ、ミュージシャン「はじめにきよし」さんのライブもすばらしいです。
機会があればぜひ。

で、なぜこのような話をしているかと言うと、
土曜日に、この劇作家が書いた舞台「じんじろ小路」を滋賀県大津まで観に行ったんです。(過去に一緒にお芝居に出た仲間の人たちも出ていたので)
大津の市民の人たちが作った劇団で場「O2劇場」というところの作品です。

この作品の中では、劇作家やそこにいる人たちの
これまでの世界観が次々と流れて出ています。劇中の歌なども
終わっても、そして今も、つい耳につきます。

私は、時折、いろんなことを発見しつつも、そこに触れているとフイッと
次なる世界を見たくなる想いが、自分に対しても、
他人に対しても、訪れるときがあります。

想いや成果やあこがれが、たえまなく流れ出つくした後、
きっとまた何か生まれる。きそうだな。と。
何の理由があるわけでもないのに、自分や他人に
そんな予感を抱いてしまうのは不思議です。

その夜はそんな気分を体験。
この世にあらたな世界が生まれるといいな。と思いながら。





posted by かーる at 21:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

でました!

3月11日号「リビング京都」のブログ記事が配布されました!
これも、読者のみなさまと取材にお力をお貸しくださった
皆様のおかげです。どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

           * * *

まだ、ご家庭に届いていいない方はコチラを犬

 京都リビング新聞社オフィシャルサイト リビング京都
 http://www.kyotoliving.jp/

 リビング京都の「内容を見る」をクリック→
 リビング京都トピックス
 * ネットを通じて“今の暮らし”を楽しむ!ブログ人口増加中
 をクリック→紙面のPDFデーターをそのまま閲覧できます。

 参考まで)実は、このホームページは、
 過去2か月分のバックナンバーも見られるんですよ〜。
 
ブログを通して、読者の方同士、
いろんな交流が生まれそうな予感もいたします
新たな喜びが生まれる、たのしい春になりますように!

知らないことばかりで、かなりハードでしたが、
未知の世界を探索するのは、楽しく幸せなことでした。

           * * *

もしよろしければ、硬軟あわせて、率直なご感想をお聞かせください!
なかなか、記事の感想を直接、お伺いするチャンスは
少ないので、ブログ企画らしく、「おもしろい」「ここが良い」
「ここが、つまんない」「期待はずれ」など、お書きいただければ幸いです。
遠慮は無用でございます。手(チョキ)

では、みなさん、どうぞ、よい週末を!





posted by かーる at 18:06| 京都 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

紙面モニター&口コミサポーター募集中!

さて、今日は仕事話です。
春は、出会いとお別れの季節でもあります。

「リビング京都」では、
「読者モニター」(毎号紙面をモニタリングしてハガキで感想を提出)と
「口コミサポーター」(月2回、ファックスで地域情報や関心事をファクスで提出)を
 半年後ごとに募集しています。

3月で現在ご活動いただいているメンバーのみなさんが“ご卒業”されるので、
今、新メンバーを募集中です。このブログにおいでくださった皆様で、
「リビング京都」の配布エリアにお住まいの方、
紙面づくりに興味のある人は、よければご応募くださ〜い(書類選考あり)
以下に、募集要項を添えておきます。
質問がある方は、コメント欄にお書きください。

るんるん〜募集告知〜るんるん
リビング紙面にあなたの声を
読者モニター/口コミサポーター募集
締め切り 3月24日(金)必着

いつも「リビング京都」をご愛読いただき、ありがとうございます。
読者のみなさんの声をいかして、より楽しく読みごたえのある紙面を作るため、
「紙面モニター」と「口コミサポーター」を募集します。

リビング京都がご自宅に届いている方なら、年齢・性別は不問。
文章の読み書きが好きな方、活動的で情報収集が得意な方、
それぞれ得意分野での活動をお願いします。
※過去に当社のモニター経験のある方はご遠慮ください

晴れ紙面モニター
毎週所定の用紙に紙面に対する感想や率直な意見を書き込んでいただきます。
謝礼は1週(号)につき250円

晴れ口コミサポーター
自宅にファクスのある方に限定。
月2回、所定の用紙に地域の話題などを書き込んでファクスしていただきます。
謝礼は半年で6000円

モニター、サポーターとも任期は4月から9月までの半年間。随時アンケート等もあり。
希望者には、体験取材等をお願いする場合があります。謝礼は、任期終了後に振り込み。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇
【応募方法】
はがきに@紙面モニター・口コミサポーターどちらを希望するか
A氏名B年齢C住所D電話番号E職業
F今週号(3月11日号もしくは3月18日号)で
印象に残った記事の感想を書いて、

〒600─8580(住所不要)
京都リビング新聞社 編集部「モニター・サポーター」係へ
【締め切り】3月24日(金)必着
※活動をお願いする方のみ、後日連絡します


以上ですわーい(嬉しい顔)



posted by かーる at 18:12| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

カッコイイ男

今日、「カッコイイ男」の人と、出会った友人と少しおしゃべりしました。

その友人は、その「カッコイイ男」の人と
別れた後も、その「カッコイイ」の余韻にかなりひたっていました。

その余韻は、その「カッコイイ」人をぜんぜん知らない私にも
そのカッコ良さが伝わるほど。
きっと、いろんな人がカレと会うたびに、その余韻が訪れていることでしょう。
では、何が、そんなに「カッコイイ」のかを
探ってみると─

1、「男らしい」(言動)
2、「風格がある」(雰囲気)
3、「もてる」(評判)

というのが、本人から得たことばです。う〜ん。これだけじゃわからないな。

一方、その人に、先日、ありきたりでないことで、
男の人に何を求めるか?と聞かれ、思いつくまま、
「誠実な人」「あたしのことを一番好きな人〜」
「大人なのにこんな乙女な答えでええのかね?」
などと言ってみると、

「そういう一般的なことではなくて」と一刀両断された後、
その友人の回答は、

1、自分と同等の学歴があること
2、楽器が上手なこと
3、本や映画などの趣味の話が合うこと

をあげていました。ほう。ほう。こんな彼女独自の条件を超えてまでも
「カッコイイ」と言わせる人ってどんな人なのでしょうね。

ほんの一瞬のしぐさや雰囲気で、誰かの心に残る人っているものですね。

何は、ともあれ、「カッコイイ」こと「美しいこと」は
人の心を潤してくれるので、うれしいことだな、と思います。

自分にとって、何が、あるいは、どんな人が「カッコイイ」のか。
それは案外、大切なことのような気がします。





posted by かーる at 19:50| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

リビング京都 3月11日号で「ブログ」特集発行!

いよいよ、来週のリビング京都の1面と2面で
ブログ特集をすることが決定いたしました。
ブログ初心者の私が、眠れぬ夜を過ごしながら!?
この1ヶ月間、やってこれたのも、
このブログも続いているのも、皆様のおかげです。
どうもありがとうございます。

このブログでもリンクさせていただいている
読者の方々の幾人かにも、お会いしてお話を聞いています。
みなさまからお寄せいただいたブログの疑問も
いくつかピックアップして、専門家に質問しています。
少しでもお役に立ててもらえれば!と思っています。

このブログでも、お寄せいただいた疑問から、
私が調べたこと(アイデア)なども少しずつ、ご紹介して
紙面に載せ切れなかったものについても、取り組んでいきたいな〜と
思っています。どうぞ、お楽しみになさってくだサイ〜。


posted by かーる at 19:43| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。