2006年03月06日

カッコイイ男

今日、「カッコイイ男」の人と、出会った友人と少しおしゃべりしました。

その友人は、その「カッコイイ男」の人と
別れた後も、その「カッコイイ」の余韻にかなりひたっていました。

その余韻は、その「カッコイイ」人をぜんぜん知らない私にも
そのカッコ良さが伝わるほど。
きっと、いろんな人がカレと会うたびに、その余韻が訪れていることでしょう。
では、何が、そんなに「カッコイイ」のかを
探ってみると─

1、「男らしい」(言動)
2、「風格がある」(雰囲気)
3、「もてる」(評判)

というのが、本人から得たことばです。う〜ん。これだけじゃわからないな。

一方、その人に、先日、ありきたりでないことで、
男の人に何を求めるか?と聞かれ、思いつくまま、
「誠実な人」「あたしのことを一番好きな人〜」
「大人なのにこんな乙女な答えでええのかね?」
などと言ってみると、

「そういう一般的なことではなくて」と一刀両断された後、
その友人の回答は、

1、自分と同等の学歴があること
2、楽器が上手なこと
3、本や映画などの趣味の話が合うこと

をあげていました。ほう。ほう。こんな彼女独自の条件を超えてまでも
「カッコイイ」と言わせる人ってどんな人なのでしょうね。

ほんの一瞬のしぐさや雰囲気で、誰かの心に残る人っているものですね。

何は、ともあれ、「カッコイイ」こと「美しいこと」は
人の心を潤してくれるので、うれしいことだな、と思います。

自分にとって、何が、あるいは、どんな人が「カッコイイ」のか。
それは案外、大切なことのような気がします。





posted by かーる at 19:50| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、かーるさんのお友だちと同じような経験をしました!

私は面食いでないことで有名?なのですが、先日某所で出あった男性(推定年齢30代半ば)には、話す前から「なんて眼の綺麗な人なんだ」と圧倒されてしまいました。造形的にも美しいのですが、何よりも眼の輝きに人を吸い寄せる強烈な力のある人でした。そして、こんなに眼の綺麗な人は、絶対に心も澄んだ人だろうと勝手に決定。
常々男の人は頭が良くて仕事ができて話が面白いのがイチバン、と思っていて一目ぼれなどしたことがないので、話す前から外見に吸い寄せられるというのは私にとって超珍しいこと。「きっとビビビ体験というのは、こういう瞬間のことなんだろうな」と思いました。
社会的ポジションなどは一切超越して、恋に落ちることができそうなくらい美しい眼の人でした。
Posted by アキコ at 2006年03月07日 11:56
あたしにとっての「カッコイイ」男は、
「夢中になれる何かをもってる人」で〜す♪
夢や目標にむけて、一生懸命に頑張ってる姿を見ると
カッコイイな♪と思っちゃいます☆

あと個人的な趣味では、筋肉隆々のスキンヘッドの男かな(笑)
アハハ(笑)一言多かったですね〜(>▽<;;
Posted by MIDORI at 2006年03月07日 12:03
アキコさんへ

外見に吸い寄せられる…素敵ですね。しかも、
眼がきれい、とは!最高ですね。
「社会的ポジションなどは、一切超越して、恋に落ちる」─これは、「男は美しければそれでよい。ほかのものはすべて私がもっているから」と言ったという、成熟した大人の女、ジャンヌ・モローの世界ですね!

MIDORI さんへ

夢中になれる何か、それはもちろん素敵ですね。あたしももっていたいです。ところで、筋肉隆々のスキンヘッドの男って…あの現場にいらした●さまのことでしょうか??
違うかな? にゃは!

Posted by かーる at 2006年03月08日 17:49
キン様ではありませんよー(笑)

逢いたくて頑張っている、「オランダの彼」のことです♪
Posted by MIDORI at 2006年03月09日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。